いつまでも元気な体で過ごす為に必要なこと。

どうして起こるのか

夫婦

現代は、医療機関の技術の発達が年々凄くなっているので人間の寿命が延びています。しかし、寿命が延びたとしても高齢者特有の症状が起こってしまうことがあります。
それは、認知症と呼ばれている病気です。この病気は、60歳以上の高齢者で10人に一人はかかっていると言われています。
その約60%は、アルツハイマー症型認知症と言われています。人によっては、アルツハイマーと認知症は同じ病気だと思っていますが、性質が異なる症状になります。
アルツハイマー症型認知症というのは、認知症を引き起こしてしまう症状の一つになります。
その為、認知症と診断される前にアルツハイマー症型認知症と診断されます。この病気は、現代では完治できる治療方法はないと言われています。
ですが、症状の進行を抑制できる治療方法は存在します。それに、早期発見が一番の治療効果を期待できる症状なので、家族で少しおかしいなと思った時はすぐ病院へ連れていってあげて下さい。

認知症の治療は、初期症状であればそれ以上に進行を抑制して改善できるようになります。
その為、日頃から意識して生活することが大切ですが、家族も様子を見ておかしいと思ったことがあれば、すぐに対応できるような環境にしておいたほうがいいでしょう。
そうすれば、簡単な治療や民間療法で改善できるようになります。この病気は、家族の協力と本人が改善したいという気持ちの二つが大事です。
ですから、少しでも症状が出ているかもしれないとなれば、病院で治療を受けられるようにしたほうがいいでしょう。
人によっては、治療を嫌がる人もいますが、ちゃんと治療したほうがいいことを伝えれば病院へ行ってくれるようになりますので説得してみて下さい。

記事一覧

看護師

早期発見が大事

アルツハイマーは、60歳以上の高齢者が抱える症状になります。これは、現代では10人に一人はいると言われている認知症の一つです。症状を早期発見できれば、進行を抑制できる治療を行なえます。

» 詳細を確認する

医療

注目の水素

認知症の治療は、現代では完治できるような方法はないと言われています。しかし、それでもアルツハイマーの薬や民間療法を用いて進行を抑制することはできます。最近では、水素が効果を期待できると注目されています。

» 詳細を確認する

食事

認知症とは

現代の高齢化社会では、加齢が進むにつれて身近な病気になっていきます。認知症の中でもアルツハイマー症型認知症の人が多く、早期発見によって進行を抑制できる治療は行なえる時代になっています。

» 詳細を確認する

家族の対応

家族

アルツハイマー症型認知症となった時は、本人だけが何とかできる病気ではなくて家族の協力も必要です。そうすれば、進行抑制ができる治療も上手くいくようになります。この病気は、家族も理解しておくことが大切です。

» 詳細を確認する